相急武蔵新城駅

相急武蔵新城駅(そうきゅうむさししんじょうえき)は、神奈川県川崎市高津区新作6丁目にある相急鉄道本線の駅。


駅構造

  • 島式ホーム1面2線を有する地上駅(橋上駅舎)である。
1,(相急本線)阪東橋方面
2,(相急本線)八幡山方面

歴史

  • 1936年(昭和11年)05月16日:相模横浜鉄道線の駅として開業。
  • 1950年(昭和25年)10月15日:相模横浜鉄道線の八幡山駅蟹ヶ谷駅間と千歳線全線が直流1500V電化開業。
  • 1960年(昭和35年)07月12日:社名変更に伴い、相急鉄道相急本線の駅となる。
  • 1995年(昭和63年)03月31日:従来の駅舎の老朽化に伴い、橋上駅舎の建設開始。
  • 1998年(平成2年)09月28日:橋上駅舎での営業を開始。従来の駅舎については移築。

乗換路線

JR東日本(東日本旅客鉄道)南武線

隣の駅

・相急本線
急行 蟹ヶ谷駅相急武蔵新城駅相急溝の口駅
快速 蟹ヶ谷駅相急武蔵新城駅相急溝の口駅
普通   千年駅相急武蔵新城駅坂戸駅





  • 最終更新:2010-01-08 20:39:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード